読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小太りランナーの帰宅ラン日記 〜目指せ!サブスリー編〜

フルマラソン サブ3.05(3時間4分台)の小太りランナーです。帰宅ラン中心のトレーニングでサブスリーを目指します。ダイエットはぼちぼち・・・。

久々の箱根駅伝観戦と、それに影響を受けて走った練習日記

1月2日  16km走(ジョグからビルドアップ)

1月3日  8km走(Eペース〜Mペースの感覚)
 
ヨメと息子が、ヨメの実家に遊びに行っているため、久々の一人暮らしを(満喫?)していました。
 
2日は朝から箱根駅伝をテレビ観戦。
最初から最後までしっかり見たのは何年振りだろうか。
1区の服部選手が序盤から抜け出せなかったことにガッカリしつつ、そのお陰で2区が面白くなったので、まぁいいかと思ったり。
神大の鈴木選手は強かった。2年前の村山選手もそうでしたが、予選会の58分台は大体2区の7分台辺りに相当するんですね。
 
以降は青学が主力を温存しつつ、トップを堅持。
早稲田が33秒差で続きましたが、主力を速い順に往路につぎ込んでの結果なので、青学の3連覇を確信。
復路観戦のモチベーションを、2位以下の争いに定める。
 
箱根駅伝を見た後は、そのテンションを保ったまま走りに出ました。
 

f:id:tsuyoji0325:20170103232621p:plain

f:id:tsuyoji0325:20170103232636p:plain

f:id:tsuyoji0325:20170103232657p:plain

 

2日で42kmのセット練習から1日空けたものの、やはり脚に疲れが残っていました。

ただ、狙いをカロリー消費と脚づくりと割り切っているので、ペースはあまり気にせず走りました。

30日と同じ246コースでしたが、青葉台の周辺のアップダウンの激しい所は走らず、適度なところで折り返しました。

走り終えて、長かった感じが全くしなかったのが、少し意外でした。

最近、15km以上の距離ばかりだから慣れてきたか。

 

翌日、1月3日。

前日にちょっとお酒を飲みすぎたものの、どうにか8時には起床。

箱根駅伝復路。

予想通り、青学が圧勝。

6区次第では、多少面白くなるかと思いましたが、早稲田の石田選手の下の走り方を見て、ちょっと厳しいかな…と。

対する青学の小野田選手、区間新記録を出した日体大の秋山選手は安定したフォーム。キロ2分40秒台とは思えない力感の無い走り。

 
7区で青学の田村選手にアクシデントはあったものの、早稲田の井戸選手も本調子ではなく、追いつくには至らず。
ここで完全に決まりましたね。
8区に下田選手、9区に池田選手では付け入る隙がありません。
 
それ以降は、2位以下の争いに視点を移す。
今年はこっちが本当に面白かった。
 
東海大、復路に主力残し過ぎとか、東洋大、さすが!とか。
 
そんな箱根駅伝の余韻に浸る間も無く、ヨメから帰るメール。
駅まで迎えに行き、以降は日常に戻ります。
 
息子を寝かしつけ、ヨメが、録画しておいたダウンタウンの『笑ってはいけない』を見始めたのを見計らい、走りました。
 

f:id:tsuyoji0325:20170103235653p:plain

 

f:id:tsuyoji0325:20170103235706p:plain

f:id:tsuyoji0325:20170103235719p:plain

 
一番調子の良かった2016年の4〜5月の練習記録を確認して、『楽すぎず、キツ過ぎず』の体感ペースでの練習でベースアップを狙うのが良いのではないかと思い、フルマラソンを走る感覚で8km。
アップダウンが結構ある自宅周辺コースだったので、一時的に心拍数も上がりましたが、狙い通りの強度で走れました。
 
最近は、帰宅ランでタイムを狙って走ることが多くなっていますが、今後はベースアップを考えて、フルマラソン感覚で走る機会を多くしたいと思います。
 
この休み中に、今後の練習についても色々考えましたが、それはまた別の記事で書ければと思います。
 
では、また。
 
 
 

読んでいただき有難うございます!

気に入っていただけましたら、是非ともポチッとお願いします! 

コメントもお待ちしています!


にほんブログ村