読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小太りランナーの帰宅ラン日記 〜目指せ!サブスリー編〜

フルマラソン サブ3.05(3時間4分台)の小太りランナーです。帰宅ラン中心のトレーニングでサブスリーを目指します。ダイエットはぼちぼち・・・。

五輪最終日(男子マラソン)

今朝の体重  計測なし(忘れた)

 

昨日は昼過ぎまで福岡で仕事、夕方に帰ってきました。

走ろうと思えば、時間はありましたが、出張疲れに負けました…。

 

土曜日に少しでも走っておいて良かった。

危うく5日連続ランオフになるところでした。

 

そんな状況でしたが、五輪の男子マラソンはどうにか見られました。

 

日本の3選手は、残念ながら入賞争いに絡めませんでしたが、精一杯走っての結果ですし、世界のトップレベルとは大きな差があるので仕方ないと思います。

 

優勝は、大本命、ケニアのキプチョゲ選手。

秋〜春の高速レースにも、スローペースの選手権にも勝てる最強のマラソンランナーであることを証明しましたね。

 

そして、3位には10000mで5位に入賞していたアメリカのラップ選手が入りました。

10000mを走った疲れがあったはずで、そういう意味では、序盤のスローペースが幸いしたのかもしれません。

解説の高岡さんが仰ってましたが、ラップ選手は、マラソンを主眼に置いた練習をしてきて、10000mにも出場したようです(まぁ普通はそうか…)。

10000mで通用するスピード(27分前後)を維持しながら、マラソン練習をやってきたということで、日本人がやるような走り込みとは、また違った練習をしているのかもしれないですね。

キロ3分そこそこのペースに対しては、かなりスピードの余裕があったはずで、いかにスピードの余裕度を高めるかという方向からのアプローチだったのかもしれませんね(あくまで推測)。

 

ラップ選手は、日本の大迫選手と同じオレゴンプロジェクト所属なので、東京五輪では大迫選手が同じような手法で、金メダルを獲得していたら最高ですね。

 

この男子マラソンをもって、五輪は終了。

(いつも男子マラソン前は、ワクワクと寂しさの入り混じった複雑な心境です)

次は、2020年東京五輪

4年後…。考えたくないな…。

 

 

では、また。

 

 

 

 

読んでいただき有難うございます!

気に入っていただけましたら、是非ともポチッとお願いします! 

コメントもお待ちしています!


にほんブログ村