小太りランナーの帰宅ラン日記 〜目指せ!サブスリー編〜

フルマラソン サブ3.05(3時間4分台)の小太りランナーです。帰宅ラン中心のトレーニングでサブスリーを目指します。ダイエットはぼちぼち・・・。

練習の質と量

★2/22(木)帰宅ラン9.3km+5.2km

41分56秒(4分30秒/km)、24分00秒(4分32秒/km)

_ _ _ _ _ _ _ 


自己ベスト大幅更新の翌日。

少し脚に疲れはあったものの、帰宅ラン敢行。


フルマラソンを走る時の感覚で、呼吸には余裕を持たせ、淡々と。


7km過ぎぐらいから、脚に重さを感じましたが、9.3km、5.2kmと、想定通りのペースでこなせました。


今日(金曜日)も9km+5kmを走る予定。

本命レースを来週に控えて、これ程負荷をかけるのは、自分としては異例。

ただ、年明けからこれまでの練習量を考えると、脚づくりの面で不安があり、ちょっと付け焼き刃にはなりますが、脚に負荷をかけておくことにしました。


土日は仕事休みなので、ランオフして、疲労抜き。

来週は、月、火、木曜に9.3kmの帰宅ランで軽く流して、金、土曜はランオフで、日曜日の静岡マラソンに臨む予定です。


9.3kmで大幅に自己ベストを更新した通り、今年に入って、昨年以上に質(追い込み度)を上げた練習を増やしたことで、呼吸系とスピードには全く不安はありません。


ただ、仕事がこれまで以上に忙しくなったため、練習の頻度が落ち、トータルの練習量も、防府ラソン前より落ちています。


防府ラソン前と静岡マラソン前(今)の月間走行距離と平均ペースを確認してみました。


防府ラソン

10月 :246km(4分29秒/km)

11月:273km(4分27秒/km)

●静岡マラソン

1月:232km(4分28秒/km)

2月:132km(4分22秒/km)※現時点


この辺の塩梅が、レースにどう反映されるのか。


単純に楽しみです。



では、また。




読んでいただき有難うございます!

気に入っていただけましたら、是非ともポチッとお願いします! 

コメントもお待ちしています!


にほんブログ村

帰宅ランPB更新(一年前は…)

★2/21(水)帰宅ラン9km+5km

37分11秒(4分00秒/km)、24分06秒(4分33秒/km)

_ _ _ _ _  _ _ _

ブログ復帰を宣言した翌日、21日(水)。

やはり仕事が長引いて、23時からとなった帰宅ランで、早速、記事にしたい出来事がありました。


…帰宅ランコースでの自己ベスト更新!!

しかも、31秒も。


9.3kmを37分11秒。

平均ペース4分00秒/km。


f:id:tsuyoji0325:20180222083133j:plain

2km通過以降は、全て4分切りのラップタイム。


走り始め、脚が軽く、楽にズンズン進む感じだったので、タイムを狙おうとは思いましたが、まさかここまで走れるとは…。


中〜終盤でキツくなった所も、4分切りのラップを刻み続けていることによる気持ちの高揚で乗り切れました。


これまでのベストタイム37分42秒は、昨年10月の終わりに、珍しく吹いた追い風に上手く乗っかって出たタイム。

それ以降、37分台すら一度も出ていなくて、今シーズン中の更新は無いと思っていました。


ただ、年明けからは、これまで以上に『帰宅ラン9km全力走』の頻度が上がっていて(その背景については、別の記事で書きます)。

防府ラソン前の練習ではレアだった38分台が、この2ヶ月ほどは週に1〜2回の頻度で出せるようになっていたので、力がついている実感はありました。


丁度一年前の練習記録を確認してみると、奇しくも9km帰宅ランで当時の自己ベストを更新していました。


その時のタイムが40分00秒。

一年で2分49秒更新。


静岡マラソン。期待しても良いんですかね。



では、また。



読んでいただき有難うございます!

気に入っていただけましたら、是非ともポチッとお願いします! 

コメントもお待ちしています!


にほんブログ村



復帰のご挨拶

ご無沙汰しております。


会社での立場が少し変わったことで、年明けからバタバタして、ブログの更新も止めてしまいました。


ブログも更新出来ないほど忙しいかと言うと、そこまでではなくて。

1週間書かなかったら、そのまま何となく…という感じでして。


習慣化したと思っていても、止めてしまうのは簡単なんですね…。


さて、ランニングはと言うと。

もちろん続けています。


12月の防府で、サブスリーを逃した後、少し休み、年末辺りから走り始めました。


次なる目標は、3月4日の静岡マラソン

昨年、会心のネガティヴスプリットをかました大会。

味を占めて、2年連続の出場。


仕事が以前よりさらに忙しくなったこともあり、思うような練習は出来ていませんが、時間を多く取れない分、これまで以上にスピードを上げて追い込んでいます。


その辺の練習の話は追い追い。


まずは、ブログ復帰のご挨拶まで。



では、また。




読んでいただき有難うございます!

気に入っていただけましたら、是非ともポチッとお願いします! 

コメントもお待ちしています!


にほんブログ村



防府マラソン レポ7 〜不思議なやり切った感〜

防府マラソンから1週間。

全く走っていません…。


レース中に感じた右脚の異常を引きずっているのもあるけれど、やっぱり自分なりにやり切った感が強い。

結果はともかく…。


もう少しだけ休みながら、今後のことを考えます。


☆   ☆    ☆   ☆


レポのつづき


残り9kmを切ってからは、残りの距離を普段の帰宅ランに見たててカウントダウン。


あと、帰宅ラン1回分の距離で終わりだ。

このレースのために夏から練習をしてきた。

サブスリー出来ないとしても、力を出し切って終わらないと次に繋がらない。


前へ、前へ。


36kmのラップタイムが4分30秒。

このままズルズル落ちていくんじゃないかと、嫌な予感がしたけれど、それを振り払うように、力一杯前へ進み、次の1kmは4分23秒、その次は4分19秒、と持ち直す。


力一杯行きつつも、フォームは乱さないように時折確認する。


やっぱりペースが落ちている人は沢山いて、次々に標的が現れたこともペースを持ち直すことが出来た一因だと思います。

35〜40km間でも60人ぐらい抜いています。


40km通過は2時間51分40秒(ネットタイム  以下同)。

35〜40km間は21分58秒。

f:id:tsuyoji0325:20171226090159p:plain


残り2.195km。

10分かかっても3時間01分台。3時間00分台を出すには9分20秒以内で行かなければならない。


2.195kmを9分20秒…。

キロ何分だ…?計算している場合じゃない!

力を振り絞れ!!


競技場に入る直前、『3時間が経過しました』のアナウンス。


サブスリーは成らなかったけれど、自己ベストは確実。


あとは3時間00分台か、01分台か。


競技場内に入り、懸命に腕を振るけれど、脹脛に痙攣の予兆が…。


痙攣しないように加減しながら、競技場のホームストレートへ。


最後は脚のことも気にせずに、力一杯のラストスパート。

ここでも何人か交わし、フィニッシュ。


フィニッシュタイムは3時間01分13秒。

ラスト2.195kmは9分33秒。


フィニッシュ後は、悔しい思いもありましたが、2週間前にアキレス腱を痛めたことを考えて、むしろ安堵の気持ちの方が大きかったのです。


走り切れて良かった。


その後、完走証を受け取り、私よりもかなり速く走り終えた職場の先輩と合流。


福岡国際の参加資格を狙った先輩も、惜しくも届かず。


受付会場の控え室で着替え等を済ませ、2人で新山口に移動し、駅前の飲み屋で反省会。

職場関係の知り合い2人も途中で合流し、ランニング談義に花を咲かせました。


約4時間。飲みに飲んで、湯田温泉の宿に着いたのは23時前。

もちろん酔っ払って爆睡し、翌朝もぎりぎりまで起きられず…。


結局、温泉には一度も入らずに、湯田温泉を後にしました…。



サブスリーだけを目指して半年近く取り組んできて、目標達成は成りませんでしたが、悔しさよりも、ここに至るまでの過程のやり切った感が強く、不思議な感情。

これは、1週間以上経った今も同じです。


実は次のレースは決まっていて、それはまた別途記事にしますが、そこに向けてのアプローチをまた考えていかなきゃと思っています。


長々とレポートにお付き合いいただき、ありがとうございました!



では、また。




読んでいただき有難うございます!

気に入っていただけましたら、是非ともポチッとお願いします! 

コメントもお待ちしています!


にほんブログ村

防府マラソン レポ6 〜前へ前へ〜

…つづき


どフラットな防府のコース。

その中に数カ所だけ、ちょっとしたアップダウンがあります。

っと言ってもせいぜい高低差10mほどで、1年前に走ったはが路ふれあいマラソンの比ではないのですが…。


その最初のアップダウンが20km通過後すぐぐらいの三田尻大橋。


それまで、右脚に異常は感じつつも、走りには余裕があったのですが、このアップダウンを超えた後、急激に疲れを感じ始めます。


中間点は1時間29分40秒ほどで通過(ネットタイム   以下同)。

まだサブスリーは充分可能なタイムですが、脚に余裕がなくなってきた…。


4分15秒からこぼれるラップタイムも出始めて、キロ4分15秒前後で精一杯に。


25kmの通過は、1時間46分13秒。

20〜25km間は21分16秒。

f:id:tsuyoji0325:20171224121114p:plain


サブスリーに対しての貯金(ネットタイム)は2秒。

そして、キロ4分15秒ペースの維持も困難な状態。


精神的にもキツくなってきました。


25km通過後、対向車線を走る上位選手とすれ違い始めました。


トップは川内選手。

やはり強い。


しばらく向こう側の選手を見ていると、今回のレースで福岡国際の参加資格記録を狙っている職場の先輩とすれ違いました。


向こうは気づいていなかったし、こちらも声をかけられる余裕が無かったので、ただ見ていただけですが、このまま弱気になって無様な走りは出来ないと奮い立ちました。


『とりあえず完走だけでも…』なんて、守りに入るな!

サブスリーは難しくても、まだ自己ベストは充分可能。


最後の5kmを切ってから、と温存していたギアをここで使う。


ペースは少しずつ落ちているものの、キロ4分20秒以内をキープ。


前を走る人を捉えては抜き去り、前へ、前へ。


30kmの通過は2時07分43秒。

25〜30km間は21分30秒。

f:id:tsuyoji0325:20171225091938p:plain


サブスリーに対しては、13秒の借金。

しかし、もう借金返済の余裕は無い。

それでも、自己ベストに対してはかなりの貯金がある。


自己ベストを出した静岡マラソンの時は、後半の方がペースが速くて、最後の7.195kmが最速ペースでした。


過去の自分に追われる展開。

小刻みなアップダウンの中で、とうとうラップタイムは4分20秒超え。


それでもひたすら前へ、前へ。

気持ちは切らさない。


35kmの通過は2時間29分42秒。

30〜35km間は21分59秒。

f:id:tsuyoji0325:20171225092441p:plain


ペースは落ちていますが、ほとんど抜かれる事はなく、どんどん前を追っていけたこともプラスになりました。

30〜35kmまでの5kmで、70人ほど抜いていました。


そして最後の7.195kmへ。



つづく



読んでいただき有難うございます!

気に入っていただけましたら、是非ともポチッとお願いします! 

コメントもお待ちしています!


にほんブログ村

防府マラソン レポ5 〜嫌な予感…〜

…つづき


10km地点通過後も快調。

絶対に後半上げられる、どのぐらい上げられるだろうなぁ、などと期待に胸を膨らませながら走っていましたが、12kmか13km辺りで異変を感じます。


スピードに余裕があり、心拍数も低いのは変わりありませんが、右脚の付け根辺りに疲労を感じ始めました。

去年の別大マラソン(25kmで脚を使い切り、終盤ひたすら我慢)や、千歳マラソン(中間点辺りまでで脚を使い切り、終盤は歩き混じりのジョグ)でも同じような感覚を経験していて、嫌な予感がしまくる…。


腰を捻って脚を後ろに蹴るような動きになっている時に疲れが出る部分なので、知らず知らず短い距離を走る時のような動きになっていたのかもしれません。


これは事前に30km走なんかをやっておけば気付けて、修正出来たかもしれませんが、今回は練習で走った最長の距離が16km。

脚づくりというよりは、フルマラソンに向けての動きの確認という意味で、30kmを入れられれば良かったのですが。


嫌な予感はしつつも、ペースが落ちている訳ではなく、脚がキツい訳でもないので、なるべく気にしないようにして、そのまま行く。


15kmの通過は1時間03分44秒(ネットタイム  以下同)。

10〜15km間の5kmは21分13秒。


ほぼサブスリーペース。

グロスタイムではまだ27秒ほどの借金がありますが、後半ペースアップする想定なので気にしない。

f:id:tsuyoji0325:20171222205006p:plain


15kmを過ぎて、またしても右脚に異常が発生…。


次は股関節の外側。骨が出ている部分の軽い痛みと痺れ。

これは、過去何度か苦しめられた腸頸靭帯炎の前兆となる症状。


もし腸頸靭帯炎を発症したら、完走は不可能。

でも、立ち止まってストレッチをしたからと言って改善するかどうかは分からないので、気にしつつもそのまま行くしかない。


ただ、こうも右脚にばかり色々と異常が発生するのは、おそらく左のアキレス腱を無意識に庇って、右脚に負担が掛かっていたからだと思います。


しかし、ペースは落ちない。

やはり呼吸には余裕があり、心拍数も165拍前後で安定。


20kmの通過は1時間24分57秒。

15〜20km間は21分13秒。


依然としてサブスリーペースをキープ。

f:id:tsuyoji0325:20171223212700p:plain


そしていよいよ後半戦へ。


つづく。




読んでいただき有難うございます!

気に入っていただけましたら、是非ともポチッとお願いします! 

コメントもお待ちしています!


にほんブログ村

防府マラソン レポ4 〜期待感膨らむ序盤〜

つづき…


スタートして、トラックを300mほど走って競技場の外へ。

スタート後しばらくは、かなり混み合います。


昨年走った別大や、今年の静岡マラソンと比較しても、混雑する時間は長め。


苛立って、人を避けながら前へ行くのは脚を消耗するので、集団の流れに任せて我慢。


1km通過タイムは4分43秒(スタートラインで時計を押したのでネットタイム 以下同)。

自己ベストを出した静岡マラソンの時は4分30秒で入っているので、ちょっと遅過ぎる。


サブスリーペースの4分15秒に対して、既に30秒ほどの借金。


ただ、まだ挽回のため距離はまだ41kmもある。

焦らず、まずはいかに自分のペースに乗せていけるか。


身体の状態を確認しながら、フルマラソンを走り切れる体感ペースを探る。


2km通過。ラップタイムは4分13秒。

サブスリーペースに乗りましたが、スピード感は無く、かなり余裕があります。

しかし、ここで調子に乗ってさらにペースを上げるのは良くないし、上げる必要もないので、そのままリズムをキープ。


心拍数も164〜168拍辺りで安定。

今日はイケる、っと確信しました。


その後も4分15秒を切るペースで進み、5km通過。

21分48秒(ネットタイム)。


最初の5kmは21分台で行ければ充分と思っていたので、まずまず順調。

f:id:tsuyoji0325:20171222111143p:plain

GPSのオートラップは終始、実際の距離より手前で反応していました(以下同)。


今までのレースでは経験した事の無い寒さだったため、ネックウォーマーを使いましたが、3km辺りで汗をかき始めたため、外しました。

そのまま持って走り続ける訳にもいかないので、給水所のゴミ箱にでも捨てようかとも思いましたが、さすがに勿体無いので、しばらく持ったまま悩んでいると、また寒くなり、5km過ぎで着け直しました。


陽の当たる所と日陰になるところで、体感温度にかなりの差があったと思います。


5km通過後も快調。

特に意識してペースアップをした訳ではないのですが、ラップタイムは4分10秒を切り始めます。


ペースは上がっているのですが、体感的にはむしろ楽になり、心拍数も5kmまでよりもさらに低い数値で安定。


10km通過は42分31秒。

5〜10kmのラップは20分43秒!

ここで一気に借金を返済(ネットタイム)。

f:id:tsuyoji0325:20171222125516p:plain


感覚的には少し速めのジョグというスピードレベルだったので、このまま行けば、後半かなり上げられる!っと大きな期待感を持って走っていました。



つづく




読んでいただき有難うございます!

気に入っていただけましたら、是非ともポチッとお願いします! 

コメントもお待ちしています!


にほんブログ村

防府マラソン レポ3 〜スタートまで〜

防府マラソン当日。


朝7時に携帯のアラームで目を覚ます。

普段は、レーススタートの3〜4時間前起床が、マイルール。

しかし今回は、湯田温泉から防府駅までのバスの発車が8時20分ぐらいで、それを逃すとタイミングの合うバスが無いため、少し早めに起きることになりました。


それでも8時間以上寝てるんですけどね。


朝食はホテルのバイキング。

スタートが昼なので、食事のタイミングと量が難しいのですが、朝食をある程度しっかり食べて、あとはスタート1時間前ぐらいまで、カロリーメイトなどの軽い補給食を何度かに分けて食べることにしました。


あとは、水分補給として、アクエリアスマルチビタミンを少しずつ、ちびちび飲みました。


レース中に尿意を催さないように、本当にちびちび。

起床してからスタートするまでに飲んだ総量は250ml前後。

その代わり、レース中は取れるだけ給水を取ります。


8時前には朝食を終えて、ホテルを出る。

…っと、待っていたのは、今シーズン初めて見る雪と、身を刺すような寒さ。

f:id:tsuyoji0325:20171220215720j:plain

本当にマラソン走れるのか…。


特に雪や風を凌ぐ術の無いバス停で待つこと約15分。

無事、防府駅前ゆきのバスに乗りました。


やっと寒さから解放される!っと乗ったバスはしかし、暖房が効いていない…。

外よりはマシでしたが。。。


湯田温泉のバス停から防府駅まで約1時間。

防府に着くまでに、雪は止み、陽が出てきました。よかった…。


防府駅に着き、次は駅から会場までのシャトルバスの列に並びます。

f:id:tsuyoji0325:20171220220330j:plain

列は長かったものの、バスも次々に来るため、待ったのは10分ほど。


さらに10分ほどで会場に着き、受付を済ませて、先輩と合流。


先輩は、何度か防府マラソンに出場しているため、荷物を置いておくのに良い場所を先にキープしておいてくれたため、寒い思いもせず、スムーズに準備を進められました。


荷物について、防府マラソンは貴重品預かりのみ行っていて、受付で配布される封筒にナンバーと名前を記入して、貴重品を入れ、控室で預ける仕組み。


私は当日も宿泊だったので、貴重品はホテルの自室に置いておき、念のための保険証や現金、スマホをポーチに入れて走りました。

なので、貴重品預けは無し。


11時頃、着替え等を入れたバッグを持って、スタート・フィニッシュとなる競技場へ。

競技場のスタンドに荷物を置き、ウォーミングアップへ。


トラックを3周。1200m。

アキレス腱痛が出ないか、恐る恐るのジョグ。

とりあえず、痛みも違和感も出ないことに安堵し、これまた恐る恐る、レース感覚での流しを2本。


問題なさそう。

いまさら問題あっても困るけど…。


11時40分頃、スタートの整列が本格化。

ナンバーによって並ぶ場所が決まっているから、寒い中、早くから並ぶ必要がない。

これは別大マラソンも同じで、非常に助かるところ。


11時45分頃、自分のナンバーの指定範囲の最後尾に入る。

細かく区切られているので、指定範囲の先頭と最後尾で5秒も変わらないはず。


ウェアは前日準備した通り、Tシャツに短パン、アームウォーマー、レッグウォーマー、ネックウォーマー。


並んでじっとしていると、やはり肌寒い。


スタートまで●分!っとアナウンスしてくれるのですが、スタートまで3分!が2回あったような…。


そんなこんなで、12時02分 号砲!


スタートラインまでは約30秒。

スタートに青いマットが敷いてなくて、分かりにくかったけれど、センサーのようなものが貼り付けてあったのを事前に見ていたので、その位置で時計をスタートさせました。


42kmの旅が始まります。



つづく


スタートまで長過ぎる…。




読んでいただき有難うございます!

気に入っていただけましたら、是非ともポチッとお願いします! 

コメントもお待ちしています!


にほんブログ村


防府マラソン レポ2〜バタバタの?前日〜

防府のレース後、月、火曜日とランオフ。

まだ脚全体の筋肉痛や、負担をかけたアキレス腱の痛みがあるので、もう少しランオフが続くと思います。


☆  ☆  ☆


っで、レポのつづき。


木曜日にジョグをした後は、金、土曜日とランオフ。

これは、アキレス腱の状態に関係なく、いつも通りの調整。


土曜日は13時羽田発だったので、時間に余裕があり、準備万端で家を出ました。


最寄駅から羽田空港までの直行バスで、11時過ぎには空港に着くので、余裕かまして空港でランチだな…なんて考えていました。


っが、最寄駅の近くまで行ったところで、心拍計を入れた覚えが無いことに気づきました…。


このまま行って、心拍計無しで走るか、バスを諦めて心拍計を取りに帰るか。

一瞬悩みましたが、時間に余裕を持って家を出たので、別の駅からの直行バスというリカバリーがあるし、何より、心拍数は私がフルマラソンを走る際の生命線。

(心拍数を監視しながら走ります)


っで、心拍計を取りに一旦家に帰りましたが、どこを探しても見つからない…。


そう、そもそもカバンに入ってました。

いやぁ、、それやっちゃうか、俺。


先行きに大きな不安を覚えつつ、再び家を出ました。


結局、電車で横浜駅まで移動し、直行バスで、12時前には羽田空港着。


さっさと出発ゲートまで行き、昼食にサンドイッチを食べ、待合で座っていると、ウトウト…


…ふと目が覚めて、時計を見ると、12時56分!!


慌ててゲートにいる係の人のところまで走って行くと、出発が遅れていて、13時30分になったとのこと。


アナウンス全く聞いてなかった。

寝てたからか…。

いやぁ、焦りました。


心拍計の事といい、このバタバタ感。大丈夫か…?



そんなこんなで、無事飛行機に乗り、山口宇部空港に着いたのが15時頃。


山口にいる仕事関係の知り合いの好意に甘え、ホテルまで車で送ってもらいました。

これで、時間的にも体力的にもかなり楽を出来ました。


ホテルは、湯田温泉スーパーホテル

湯田温泉から防府駅までバスで行けるものの、本数が少なく、電車で行くにしても、新山口乗り換えになるので、温泉への拘りが無く、マラソンを走る事だけ考えるのなら新山口辺りに泊まる方が良いかも。


ホテルに着いたのが16時過ぎ。

とりあえず、レース前、レース中の補給食を買いに、ホテル周辺を散策。


湯田温泉駅前のドラッグストアで、レース前に食べるカロリーメイトアミノバイタル(パーフェクトエネルギー)ゼリー、レース中に食べるヨーグレット(お菓子/サイズと量が携帯にぴったりなので、フルマラソンには必ず携帯し、30km以降で食べる)等を購入。


コンビニで夕飯を買い、ホテルに戻りました。


18時頃、夕食。

セブンイレブンの塩焼きそばと、おにぎり、春巻きとマカロニサラダ。

気持ち、炭水化物多め。


夕飯後は、当日必要な物を会場に持って行くサブバッグに詰め、当日着るウェアも決め、準備完了。

レースではランシャツ・ランパンと決めていますが、今回は雪予報でかなり冷え込むことが確実だったので、Tシャツに少し長めの短パン。

さらにアームウォーマー、レッグウォーマー、ネックウォーマー。

ウォーマーづくし!

f:id:tsuyoji0325:20171220084053j:plain

直前に散々悩んだシューズは、やはり実績ナンバーワンのアディゼロジャパン。

f:id:tsuyoji0325:20171220084245j:plain

準備を全て終えてしまうと、やる事もなくなり、テレビも面白くなかったので、しばらくネットサーフィンした後、22時半頃には就寝。


レース展開をイメージしながら、眠りに落ちました。


つづく


レースまで長過ぎますね…



では、また。



読んでいただき有難うございます!

気に入っていただけましたら、是非ともポチッとお願いします! 

コメントもお待ちしています!


にほんブログ村

防府マラソン レポ1 〜レース前 空白の2週間〜

今日から防府マラソンレポ。


レース前日から、と行きたいところですが、今回のレースレポを書くに当たっては、レース2週間前からの事を書かないワケにはいきません。

ブログが途絶えた『空白の2週間』(大げさ!)。


12月2日(土)。

休日出勤だったこの日。

いつも通りの帰宅ラン。

体が異常に重かったこともあり、かなりゆっくりのジョグだったのですが、途中、左アキレス腱にピリッと痛みが走りました。


ただ、痛みは瞬間的なものだったので、そのまま12km走り、念のために走り終えてすぐにアイシング。


アキレス腱痛には、今年の春から夏にかけて苦しめられたので、慎重に対応する。


翌日も休日出勤でしたが、もちろんランオフ。


12月4日(月)。

アキレス腱を押しても痛みが出なかったので、様子見の意味も込めての帰宅ジョグ。


5km辺りで、瞬間的な痛みが出始め、8kmで明確な痛みになりました。

当然、すぐに止めてアイシング。


防府に向けて、暗雲が立ち込めました。


翌日、火曜日には、アキレス腱を押してもわずかな痛みを感じる程度には回復していましたが、大事をとり、火・水曜と2日ランオフ。


12月7日(木)。

金曜から日曜まで出張で奈良へ。

そこで、木曜に走って、もし痛みが出たとしても、金曜から3日連続のランオフで回復すると見込んで練習を決行。


帰宅ランだと足への負担が大き過ぎるので、仕事を終えた後、会社から駒沢公園まで行き、駒沢公園内を4周走り、戻ってくることに。


この15km走で、キロ4分30秒辺りまでは痛みなくペースアップ出来ることを確認。

もちろん、練習後はアイシング。


アキレス腱を押すと、少し痛い…ような気がする程度まで回復。

(明確な痛みではないという意味で)


金曜から日曜の出張中はランオフ。


12月11日(月)。

週末に迫った本番に向けて、しっかりとした練習をやる最後のチャンス(私的には)。


レースでサブスリーを狙う以上、そのペースで、足に異常が出ないかを確かめておく必要がある。


っで、駒沢公園往復➕公園内3周。

シューズも、当日使用を予定しているアディゼロジャパンで。


結果、キロ4分10〜15秒で10kmを走り切れたのですが、走った後、アキレス腱に少し痛みを感じました。


アキレス腱を少しでも良い状態にして臨むのはもちろんですが、シューズやインソールで少しでも足の負担を軽くしようと、色々と試しました。

この段階で…。


火曜日はランオフにして、足の回復を図り、12月13日(水)。

この日も駒沢公園へ。

シューズを、比較的足に優しいズームスピードライバルに変えて、キロ4分15秒のサブスリーペース走を4km。


やはり、アディゼロジャパンと比較するとスピードに乗れず、一歩一歩に力が要る感じ。


防府サブスリーという目標を持ってここまでやってきたので、無難に完走出来れば、っというレースはしたくない。

アディゼロジャパンで行くことに決めました。


12月14日(木)。

アディゼロジャパンで駒沢公園までジョグ。

気にし過ぎなのか、痛みではないんだけれど、違和感のようなものを感じつつ終了。

とりあえず明確な痛みは出ず、ホッとしました。


これで防府に向けての練習は全て終了。

あとは、金、土曜とランオフして、本番を迎えます。


アキレス腱痛が出てからの2週間。

最悪、キャンセルや途中棄権もあり得ると思っていました。

そんなこともあり、サブスリーに届かず、悔しくはありながらも、しっかり走り切れて自己ベストを更新出来て良かったという安堵の気持ちもありました。


つづく

(次回、レース前日から当日へ)



では、また。




読んでいただき有難うございます!

気に入っていただけましたら、是非ともポチッとお願いします! 

コメントもお待ちしています!


にほんブログ村